地球人(戦闘力5)の微かな叫び

全宇宙の中の1人による、小さな叫びの場所

「お金」の秋。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

かなり涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。

「秋」が私の1番好きな季節です。

産まれた季節でもありますから。

 

「〇〇の秋」

と言えば、と題しまして。

「お金(貨幣)の秋」

最近、polcaを使い始めたこともありますので。

金融教育を受けていない私が、お金について学んでいこうと思います。

 

まずは、お金の機能について。

  1. 価値を測れるもの。
  2. 価値を貯蔵できるもの。
  3. 価値の交換を媒介できるもの。

これが基本的な機能であります。

 

そしてお金は時を経て、その形を変化させています。

現在流通しているお金は、国が発行する貨幣が主流です。

その他にも電子マネーや、最近ではビットコインを始めとした仮想通貨も登場しています。

 

紙や金属で表されている、現在のお金。

一万円札は、原価約20円(笑)とも言われています。

遠い昔には、貝殻等も使用されていたと言われています。

農産物や畜産物や魚介等もお金として使用されていたようですが、腐敗することで貯蔵する役割が果たせないので、他のものに移り変わっていったようです。

 

古い歴史を持つそのお金。

どうやって得ていますか?

サラリーマンやアルバイト等、雇われている人が多数であります。

そこで「給料」という形でお金を得ています。

給料はなぜ貰えているのでしょうか?

今一度、よく調べて考えてみました。

「あなたは会社に価値(給料分)を提供してくれると信用しています。」by雇い主

これ分かりやすくないですか?

そうです。

会社から「信用」されている数値を表現しているのです。

何が言いたいのかと。

「信用」

「信用」

「信用」なのです。

「信用」の代価として、お金が貰えるのです。

 

「信用」が無ければ、お金は自分の元にやってこないのです。

逆に「信用」があれば、お金は自分の元に集まってくるのです。

 

その「信用」はどうやって得ていくのか。

難しいことではないと思っています。

例えば友人と会った際、相手を楽しませるために面白い話や新しい話をしたり、1杯酒をおごるでも良い。

何でも良いと思うのです。

ただ、その見返りは求めてはいけません。

あの時やってやったのに。

あの時こうしてやったのに。

このような気持ちでいては、相手に見透かされてしまうでしょう。

 

私の亡くなった祖母は、いつもこのように行動していました。

自分を最優先にせず、相手のためを思って。

なので祖母は、いつも周囲から慕われ、困っている際は助けを得られていました。

時間が経った今考えてみると、祖母の日々の行動がその結果を生んでいたんだなと。

 

祖母から学びました。

「Give&Take」ではなく「Give&Give&Give&Give.....」の気持ちで。

そうすれば「信用」も得られるのではないでしょうか。

 

 

「ありがとう」

この一言だけでも、十分「Give」になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

では、また会いましょう。

「標準」や「普通」に苦しめられる。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

ふと思いました。

 

「標準」とは何か。

    1.  判断のよりどころや行動の目安となるもの。基準。
    2. 平均であること。また、その度合い・数値。並み。

*1

 

このように書かれています。 

 なぜ社会には「標準」が定められているのか。

その「標準」に従わなければならないのか。

その「標準」に苦しめられていないか。

といった様々な疑問が湧いてきます。

 

我々人間は「社会」を形成して生活する動物です。

集団生活をする動物なのです。

社会と言っても1つではなく、様々な形や在り方があります。

家族・学校・会社・宗教・性別・国...etc

これらの大小様々な社会が複雑に絡み合って、我々は生活しています。

 

それらの社会では大抵、規則があります。

法律・校則・社則...etc

これらが規則に該当するでしょう。

それを守らないと、罰を受ける場合もあります。

罰がある規則というのは、明文化されているのが多いです。

その一方で明文化されていない分野もあります。

慣習・文化・価値観・伝統・マナー...etc

ぱっと思いつくのがこの辺りでしょうか。

 

規則は、いつまでも同じ内容ではありません。

時代に合わせてその形や内容を変えていく必要があり、実際に変化しています。

ただしこれらを変えるためには、大きな力が必要になります。

世論であったり、時には暴力であったり。

影響力のない個人(私みたいな。笑)が叫んでも、変えることは難しいでしょう。

 

社会の流れをも左右したり人の人生にも影響を及ぼしかねないものであります。

その中でも厄介なのが、明文化されていない規則ではないでしょうか。

例えば、親やその年代から続いている「昭和の価値観」です。

「大学を出て大企業に勤務し、結婚して子供を産み家を建てる。」

他にも「男女の関係は異性愛だけである。」...etc

分かりやすい一例ではないでしょうか。

法律に定められているわけでもなく、破ったとしても罰を受けるわけではない。

何かハッキリとしないものが、多くの人々を縛り付けている。

私も、その中の1人なのかもしれません。

技術の発達によって、その縛りから開放されている人々も増えているはずです。

「インターネット」という大きな力で。

 

 

生活してきた環境によって、価値観は変わってきます。

同じような価値観を持った人々とずっと居ると、それが染み付いて取れなくなるかもしれません。

気の合う友人と会うな、と言ってるわけではありません。

足の引っ張り合いをすることなく、お互いの意見を尊重して議論できるような関係。

互いに成長して、素晴らしい関係になるのではないでしょうか。

 

自分の周りにいる人が例え「標準」でなくとも懐疑の目を向けて避けるのではなく、むしろ良い箇所は取り入れて成長の糧にできれば、それは素晴らしいことではないですか!

私もそのような関係を築けるように行動していかなければならない。

と思った、今日このごろ。

 

 

 

 

では、また会いましょう。

未来の仕組み。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

ブログを始めて、約3ヶ月が経ちました。

 

よく続いているじゃないか!

 

自分よ!笑

 

アクセス数もだんだんと少ないながらも伸びてきております。

みなさんに比べれば、まだまだペーペーですが。笑

数字で分かりやすく結果が表示されるので、それが私にあっているのかもしれません。

 

ここからさらにアクセス数を増やすためには。

  • 世間で流行っている現象を取り上げる
  • お題を絞っていく(専門的に)
  • とにかく続ける

この辺りが大切ではないかと思っています。

 

アクセス数を手早く伸ばすためには、確かにその都度流行っている現象を取り上げるのが良いかもしれません。

いくらそれでアクセス数が伸びたとしても、それは現象を薄めている(自分が発信源ではない限り。)に過ぎないので、どうなのかなと疑問に思ってしまう所もあります。

「そんなしょうもないこと考えてないで、とりあえず書け!」

と言われてしまいそうですが。笑

 

 

ところで最近、polca(ポルカを始めてみました。

 

正直最初は、見知らぬ人から支援もらえるのか?

と疑問でした。

 

しかし先日、なんと!

 

初めての支援を頂いたのです!

 

その時は本当に驚きました。

 

こんな自分でも支援してくれる方がいるのかと。

 

感謝の気持ちが溢れてきました。

 

そして感じました。

 

「自分で働いて得る500円」

「支援してもらった500円」

明らかに違う。

言葉でうまく表現できませんが、今までとは何かが違うのです。

 

「優しさ」「ぬくもり」なのでしょうか。

 

家入さんの目指している「新たな世界」を少し体験できたのでしょうか。

私は理解できる段階にはいませんので、まだまだ続けていくつもりであります。

 

どうなることやら。

 

 

polca.jp

こちらが私の企画です。

よろしければ、ご支援お願い致します!

 

 

 

  

では、また会いましょう。

「たのしむ」モノ。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

「ゲーム」と言っても一言では表現できませんよね。

ビジネスもゲームと言えるかもしれない。

恋愛もゲームかもしれない。

もしかしたら人生そのものがゲームなのか。

 

今回書くのは、遊びのゲームについて。

 

 

子供の頃、よく怒られませんでしたか?笑

 

ポケモンの赤・緑」

完璧に世代です。

最初のパートナーはゼニガメでした。

バグ技もありませんでした?

なんとかSELECT+B+Bだったような!笑

 

eSportsやゲーム実況が盛り上がっている現在、その忠告が正しかったのかは・・・。

そのゲームの中でここ10年力を付けてきたのがスマホゲーム」であります。

いつでもどこでも、ちょっとしたスキマ時間にできる。

今まであった、どの携帯ゲーム機よりも。

その中で「パズドラ」「モンスト」と言ったメガヒット作も誕生しました。

 

それらスマホゲーム」

確かに面白いものもあります。

私もパズドラにハマっていた時期がありました。

しかしそこで問題点にも気付いたのです。

お察しの方もいるかもしれません。

「ガチャ」問題です。

無料でダウンロードできて遊べる反面、良いキャラを手に入れたい場合はガチャを引かなければいけません。

その良いキャラの出る確率が問題になるのです。

約1%

もっと低い場合もあります。

ハッキリ言ってしまうと「ギャンブル」と同じなんですよ。

演出に関しても、射幸心を煽るようにできていますからね。

自分も注ぎ込んだ経験がありるので、確実に言えることがあります。

後に何も残らない。

いや本当に。

辞めようと思っても、金を掛ければ掛けるほど辞めづらくなってくる。

それを使ってゲーム実況で、新たな価値を生み出しているなら全然良いと思うんです。

 

 

この意見もビジネスを分かってない素人が!

個人が楽しんでいれば関係ないやんけ!

などと言われれば、それまでなのかもしれませんけど。

 

苦しい「ゲーム」は辞めて。

楽しむための「ゲーム」にしましょうよ!

 

 

 

 

では、また会いましょう。

「謎」深まる?

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

本能寺の変

歴史上、謎の深い事象のひとつ。

現在までに様々な説(動機について)が唱えられ、未だに真実は闇の中。

 

そんな中、またひとつの新しい史料が発見されました。

www.huffingtonpost.jp

紀伊雑賀衆土橋重治に宛てた書状の原本です。

 

遡ること1573年室町幕府第15代将軍・足利義昭は、織田信長によって京から追放されています。

決して殺害することはなく、あくまでも「追放処分」です。

むやみな殺戮は、敵を増やすことにも繋がりますからね。

その後各地を転々としながらも、備後国・鞆(現在の広島県福山市)に身を置きます。

毛利氏に匿われていた、とも言えましょうか。

この場所に滞在していることから「鞆幕府」とも呼ばれています。

この地より対信長のため、全国の大名に御内書を発しています。

しかしながら、上手く事が運ばなかったようです。

そしてこの地に滞在している途中の1582年、突如として歴史の大事変が起こります。

 

今回の書状で、この足利義昭黒幕説」が現実味を帯びてきたとの声もあります。

ですが、私はそう断言するにはまだまだ早い!と。

反信長派でもある土橋重治に送った、今回の書状。

前回の本能寺の変に関する史料が発見された際は「四国説」(信長が長宗我部氏の対応を変更したことによって、その交渉担当であった光秀が面目を潰されて変に至った説)の可能性も高まりました。

どうやら今回の書状は「山崎の合戦」の前日に書かれており、切羽詰まった状況であったんじゃないかなと。

足利義昭に言われて変を起こしたのか。

切迫した四面楚歌の状況の中で、味方を増やすために旧主・足利義昭を担ごうとしたのか。

 

ハッキリと言えるのは、未だ「謎」ということ。

この謎についてあれこれ考えるのが、歴史の愉しみでもあるんですけどね。

 

皆さんは、どうお考えですか?

 

 

 

 

では、また会いましょう。

睡魔には襲われておく。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

ところでみなさん!

 

寝てますか!?

 

何を言うとんねん?

 

起きてるわ!

 

 

人間の3大欲求のひとつ

「睡眠」

これを削ると大変なことに。

アタマがボーっとしたり。

何もやる気が無くなったり。

さらにはうつ状態になってしまったり。

とにかく良いことはありません。

 

経験談として私も、大学を卒業して最初の会社で睡眠不足が重なってしまって判断力が劣り、うつ状態になっていたんじゃないかと今になって思います。

自らの生命を絶つ状況になる以前に辞めることができて、本当に良かったです。

この他にも病気の原因となるなど「睡眠」を削ることは心身にとってマイナスなことばかりで、最悪生命をも落としてしまう事態にもなりかねません。

 

一般的に成人の睡眠時間は、7〜9時間とされています。

(これを連続して取ったほうが良いのか合計時間で良いのかは意見が割れています。)

人生の3分の1が睡眠ということです。

それだけの時間を費やすほど大事なことなのです!

また、遺伝的にショートスリーパー(6時間未満の睡眠でも健康)もいます。

訓練すればショートスリーパーになれるとかいう記事がありますが、あれは身体壊しますよ。

確実に。

ダメ、絶対。

 

寝る時間がもったいないと言う人もいますが、本当にそうでしょうか?

成長の妨げになったり、病気のリスクが上がる。

「睡眠を削る=生命も削っている」と言われるぐらいですからね。

しっかりと寝てこそ、シャキッと頭が冴えて人生のプラスにもなります。

 

睡眠から少し離れるかもしれませんが。

郊外に住んで通勤に時間を掛ける。

これデメリットしかないと思ってます。

その分睡眠時間が減るし、その上満員電車という監獄に行かなければならない。

小池都知事が政策のひとつとして挙げています。

クールビズのように成功させて欲しいですね。

築地・豊洲市場問題で無駄な税金を使った分。(都民ではありませんが。笑)

 

さて「昼寝」に関してですが。

昼食後に眠たくなったことはありませんか?

(強烈な眠気は、他の病気の可能性がありますので検査を。)

消化のために胃に血液が集中して、脳の血液が少なくなって起きると言われています。

その際に「昼寝」が有効なのです。

時間としては15〜30分が良いと言われています。

寝すぎてもダメなのです。

この「昼寝」と相性が良い物は「コーヒー」です。

コーヒーを飲んでからカフェインが効いてくるまでの時間が30分(飲み方や体質によって前後する)と言われていますので、昼寝の時間に合わせれば丁度いいのです。

最近は昼寝スペースを設けたりする会社も増えてきているようです。

寝る時間を削って仕事をする悪しき習慣は、このまま消え去るべきですね。

 

週末に平日分の睡眠不足を解消する、という方もいるかもしれません。

「寝だめ」

どうやらこれはあまり良くないようです。

体内時計が狂って余計に身体がだるくなったり、次の出勤日に憂鬱な気分になったり。

これは自分も経験があるので、良くないと言えます。

 

 

睡眠について色々書いてきましたが、これだけはハッキリしています。

 

「寝る子(大人も?笑)は育つ」

 

こりゃホンマですな。

 

ちなみに私は、テスト期間になるといつも眠くなっていました。笑

睡眠学習というやつです。笑(成績はご想像下さいませ。笑)

 

 

 

 

では、また会いましょう。

「肉」のこれから。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

最近気になる食べ物があります。

「人工肉」

調べてみると、かなり未来的ですね。

 

肉の組織を解析して、それと見分けがつかないように植物由来の原材料で再現する。

牛・豚・鶏等の幹細胞から培養する。

主にこの2つの方法があるようです。

 

人口が爆発的に増えていって食糧問題が深刻にならないように、私達の知らない場所でどんどん問題解決に向かっているということです。 

人工肉だけではなく「昆虫」「は虫類」の食料も注目されているようです。

ちなみにワニは以前食べました。

美味でした。笑

 

食用肉の家畜を成長させるためには、膨大な量の環境資源が必要となります。

資源に限りある以上、それを使わないに越したことはありません。

環境問題や食糧問題を解決する発明は、これらの気がしてきます。

 

こちらはアメリカの「Impossible Foods」が開発した人工肉を使用したバーガーです。


The Impossible Burger

植物性タンパク質から作られている肉です。

見た目はどう見ても「肉」ですよね。

肉の色や肉質を始め肉汁まで再現されているみたいですので、言われなければ気付かないレベルに仕上がっているそうです。

 

こちらもアメリカの「Memphis Meats」が開発した鶏の人工肉です。


Historic first: clean poultry tasting

幹細胞を採取して、専用の施設で培養して作られている「肉」です。

こちらもですが、見分け付きます!?

現在の一般的な肉より、食感が少し劣っておりコストも掛かるようです。

 

それにしても凄いですよね!

テクノロジーの力というのは!

是非とも食べてみたいと思いましたので、書き記してみました。

 

 

最後におまけ。

以前食した「ワニ肉」を。

やはり元々臭みがかなりあるのか、ニンニク凄い効いてました。笑

美味しく頂きました!

f:id:yamato0915:20170909231257j:plain

 

 

 

 

では、また会いましょう。