地球人(戦闘力5)の微かな叫び

全宇宙の中の1人による、小さな叫びの場所

平和について、素人が語る。

おはようございますから、こんばんは。

 

 

 

 

2017年

 

もう残り約4ヶ月ですね。

 

 

日本がポツダム宣言を受諾して終戦ソ連の侵攻などありましたが)し、72年が経ちました。

しかし人類は悲惨な戦争を経験したにも関わらず、未だ世界各地で「争い」が続いています。形を変えながら。過去を振り返ってはいけないですが、歴史から学ぶことはとても重要であると思います。が、人類は過ちを繰り返す種族のようです。

亡くなった祖父も戦争の経験者で、中国へ陸軍の歩兵として従軍していた話を良く聞いていました。銃撃戦になった際は、銃弾が飛び交う「ヒュン」という音がどこからともなく聞こえたそうです。当時の銃は、先端に剣が付いていた銃剣であったそうです。そう、弾切れを起こしても攻撃できるように。それで人を刺したこともあると、まるで豆腐のようだと言っていました。殺らねば殺られる。生命の意味など議論している余地は無いのです。また、祖父には足に銃弾が残っていました。そして治療のために日本に帰国し、終戦を迎えたそうです。祖父が過酷な戦争を生き残ったから、今の私がいるのです。改めて考えさせられる時期であります。

 

 

2017年となった現在も、各地で争いが続いています。我が国の近くでも米朝関係の緊張状態が続いています。過去のように大国間が大戦争をすることは無くなりました。戦争によって得られる利益と損失が割に合わなくなったということでしょう。これからは無人機による戦争やサイバー戦争や局地的な紛争などが続いていくのでしょうか。戦争よりも厄介なのが「テロ」です。いつどこで発生するか分からない。絶対的な統率者がいるわけではないので、完全に防げないのです。テロリストの思想に共感して1人で突発的に起こすこともあるわけで。その目的は人々に「恐怖」を植え付けることです。なので報道して世界中に伝えることはテロリストの思うツボなのです。かと言ってそれを止めることもできないですが。

 

 

現在の世の中を支えている技術は悲しいかな軍事からの民生転用が多くあります。もはや当たり前のように使っているインターネットもそうですし、ロケット技術や原子力、そして電子レンジや食品用サランラップもそうなのです。ググってみて下さい。もっと他にも多くの技術が軍事に関連しているものがあります。正直驚きですし、戦争ありきなのかと複雑な気持ちにもなります。

 

 

人類の歴史は、争いの歴史と言っても過言では無いかもしれません。現在が人類史上、1番平和な時代であるとも言われています。争いが無かった時代の方が少ないのかもしれません。狩猟採集民族であった我々の祖先は、獲物を捉えるために移動生活をしていました。例え争いごとがあったとしても、移動してその場所で生活を始める。移動生活なので、最低限の物資しか持っておらず、それの取り合いで争うより、狩猟に時間を費やす方がコスパが良かったのだろうと思っています。やがて人類は「農業」を憶えます。争いの火種です。狩猟と違い、作ったものを蓄えることができるようになります。しかし、作るためにはたくさんの時間と労力が必要となり、気候や土地によっても差があります。そこでよからぬ考えが出てきます。「作るより奪うほうがコスパが良いのではないか」と。農耕によって争いが始まったと言っても良いのかな、これは。

 

 

もし私達の遺伝子に「争いの本能」が埋め込まれているのだとしたら、それは制御できないのかもしれません。しかし我々人類は過去の歴史から学び、現在に活かすことができます。生命を奪い合う争いは辞め、新しいスポーツで争うことだってできるはずです。悲惨な過去を経験した日本だからこそ、何か発信できるのではないでしょうか。

 

皆さんも「戦争」が語られるこの特別な時期に、「争い」について考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

では、また会いましょう。